女性

新たな肌をゲットする

カウンセリング

目的は異なる

ほくろに関してですが、皮膚のあるエリアにメラニン色素を含むメラノサイトが集まってできたものになります。そのメラノサイトはいつ作られるかですが、母親の体内にいる時です。ほくろをなくしていくには、大きく分類するとふたつの治療のやり方があります。では、どんなやり方かというと、自身でほくろをとり除いていくセルフ除去と、医療機関を利用してドクターへ除去を任す、クリニックでの除去になります。ほくろをきちんと取り除きたいけれど、治療に大きなお金を払いたくないという考えから、ふたつのうちどちらのやり方で除去しようか、頭を抱える方もいるかもしれません。自分の家で、手間をかけることなくできるという良さがあるのがセルフ除去です。そのやり方ですが、もぐさや除去クリームなどのいくつかのやり方があります。ですが、どのやり方にしてもほくろが完全になくせるわけではありません。安全性を追求する方や高い効果を望む方であれば、クリニックを利用してほくろをなくすのが一押しとなっています。クリニックでの除去に関しては、小さなほくろの場合、レーザーを使うやり方があります。初診から始まり、治療、アフターケアという、約3回通院する必要があります。その際、ドクターから様々なアドバイスをもらえるため、安心しながら除去に取り組めるでしょう。ではクリニックへ通う際、何科で除去できるのかというと、形成外科や皮膚科、美容皮膚科などで治療を受けることが可能です。形成外科ですが、除去するのは当然ですが、取り除いた後の傷跡もしっかりとみてくれます。ですので、傷跡をできるだけ体に残すのを避けたい方や、顔にほくろができている方は、形成外科を利用すべきでしょう。皮膚科に関しては皮膚の専門医が勤務し、除去や病理検査を頭に入れているのであれば、皮膚科を選んでいくのがよいでしょう。また、皮膚科はきっちりした除去を目的としますが、美容皮膚科では肌を美しくすることをメインとして行っています。これにより、美容にフォーカスしながらほくろ除去をやりたい方は、美容皮膚科へ足を運んでほくろをとるのがベストです。