女性

常識として覚えておこう

ナース

リスクのことも念頭に

ほくろは大きさによって捉え方が変わります。小さなものであれば、チャームポイントと気に入られることがあるでしょう。しかし、大きいものは逆に邪魔に感じます。色黒で目を惹きやすいこともあり、自分の印象がほくろ一つに絞られることもあり得ます。大きなほくろは整形外科で取ってもらうことができます。ただ、ほくろ治療が初めての人や興味があるけど実態をよく知らない人は、不安に感じることがあるでしょう。ほくろ問題解決に乗り出す前に、基本的なことを押さえておきましょう。予備知識があるかないかで不安の度合いも変わります。最初に押さえたいのが治療法の種類です。ほくろ治療の方法にはたくさん種類があります。メジャーな治療法として知られるのは、レーザーやくり抜き法です。レーザーは皮膚への負担が少ないことが魅力です。ほくろを作っている色素を根本から取り除くため、術後の肌はとてもきれいです。取った後の肌状態が気になる人は、レーザーがおすすめです。くり抜き法は、文字通り専用の機械でほくろをくり抜きます。こちらのメリットは肌の質に左右されないことです。レーザー治療を受けようと考えていても、日焼けをしている場合はやめた方が賢明です。レーザーは黒色に吸われるという性質を持っており、日焼け状態の人に照射すると健常な肌を傷つける可能性があります。そのため、医師から止められることも多いです。くり抜き法であれば、肌が焼けていても問題なく受けられます。敏感肌など肌荒れの可能性がある人にも向きます。くり抜き方は、肌トラブルを懸念する人の有効な選択肢になり得ます。治療法の次に重要なのが失敗リスクです。ほくろ治療には完璧な方法というのがなく、残念ながら失敗の可能性も少なからずあります。治療後の跡が変だと感じたら、まずは治療を受けたところへ相談しましょう。失敗だったと放置せず、すぐに連絡を取ることが必要です。そして指示を仰ぐようにします。失敗への対処には、事前カウンセリングがカギを握ります。そこで失敗のことを話し合っておけば、対処が楽になります。