女性

施術にもメリットがある

顔を触る人

費用の目安を把握しよう

ほくろの除去法として切る場合とレーザーを使用する方法とがあります。メスで切除して縫合する外科的治療は、1回の施術で終了することができます。切る場合は取り残しがほとんどないため、再発が非常に少ない利点があります。外科的治療はいかに傷あとを残さないかが大切です。レーザーは皮膚に負担をかけずに除去することができるメリットがあります。レーザー機器で数回に分けて丁寧にほくろを取り除くことで、ほくろのあとを残さないようにできます。レーザーの種類は多くてほくろを除去する時は、炭酸ガスレーザーを使用することが多いです。炭酸ガスレーザーは皮膚に含まれる水分とともに、ほくろの組織を蒸発させて取り除くことを可能にします。レーザーを受けた後は、紫外線対策をする必要もあります。治療費を見る時は施術後のアフターケアが無料かどうか知ることも重要です。こうした治療の費用は、様々なことを考慮する必要があります。治療費に再発した時の費用が含まれているかどうかを確認することが大切です。病院によっては、治療開始から数年間は無料で治療を受けることができる保証制度があることもあります。ほくろの治療の費用を考える際には、施術で使用する麻酔や鎮痛剤のことを知る必要もあります。ほくろがそれほど大きくない場合は、麻酔が不要なこともあります。塗る麻酔や導入麻酔や鎮痛剤を上手く活用することで、痛みのない治療を受けることもできます。ほくろの除去のためには母斑細胞を完全に取る必要がありますが、できるだけ傷を残さないための必要最小限の範囲だけ除去することが大切です。大きなほくろの場合は、数回に分けて少しずつ除去する必要もあります。ケースによって施術の回数や施術方法や必要なアフターケアは異なります。レーザーを使用するとメスで切除する場合よりも、1回の施術時間が短くて費用が安いことも多いです。メスによる施術は治療を1回で済ませたい人に人気です。どの施術でほくろを除去するかを判断する時は、それぞれのメリットを考えて総合的な視点を持つことが重要です。